「未決局」について

「未決局」について

・「未決局」になるケースは、次の2つが考えられます。

・1つは、「仮終局」時に、石の死活セキ等で判断が対局相手と異なり「整地結果」が異なる場合。

・2つは、「対局中」に「パス」「終局要請」「打ち掛け要請」が一定回数以上行われ、対局が正常に進行していないと判断された場合。


1.「整地結果」が対局相手と異なる場合

・「仮終局」時の「整地(地の計算)」で、対局相手と石の死活セキ等で判断が異なり「整地」による計算結果が異なる場合、「未決」になります。

・対局者双方は、90秒以内に、それぞれ「整地(地の計算)」を行い、そして「結果送信」を行う義務があります。

・通常は、「整地結果」が対局相手と一致しますので、対局者双方からの「整地結果」をサーバが受信した時点で「終局」になります。

・「仮終局」合意後、90秒以内に「整地結果」が一致しない場合に、「未決」になり、事務局判定を待つことになります。

・「未決局」の最終局面を開き、右上の「黒の整地」「白の整地」をクリックすることで、黒白それぞれが作成した「整地結果」を知ることができます。

・90秒以内に「整地(地の計算)」を行い、そして「結果送信」を行わない場合は、「対局相手」の整地結果で「終局」します。

・故意に石の死活セキを変更したと判定された場合は、マナー点が減点されます。


2.対局が正常に進行していないと判定された場合

・「打ち掛け要請」を対局相手に拒否されたのに、「打ち掛け要請」を出し続けた場合

 自己都合で対局を中止されたい場合は、「投了」を推奨致します。

・打つところがあるのに、「終局要請」を出し続けた場合

 打つところが「ダメ」だけの場合は、「終局要請」に合意して下さい。

・打つところがあるのに「パス」を繰り返した場合

・自分の地の中に意味の無い着手を行い、対局相手の「パス」を誘い終局を遅らせた場合

・等のケースでは、「未決」になり事務局判定を待つことになります。

・故意に上記の行為を行ったと判断された場合は、マナー点が減点されます。


「未決局」の流れ

1.「未決」になった旨がメッセージで表示され、「未決局」になります。

  「対局室一覧」の「状態」の項目が「未決」に変更になります。

2.「未決」になった場合は、「対局室」から速やかに「退出」して下さい。

3.「対局室」から観戦者も含め誰も居なくなると、「未決局」は、「対局室一覧」から「棋譜鑑賞」の「未決局」に移動し、事務局判定を待ちます。

4.「棋譜鑑賞」の「未決局」は、鑑賞することができます。

  最終局面を開き、「黒の整地」「白の整地」をチェックして。「未決」の原因のご確認をお願い致します。

5.「未決局」の発生から、概ね24時間以内に「事務局判定」が行われます。

6.事務局判定が行われると、「未決局」は、「自戦譜」に移動します。

7.「結果」の欄に「判)」と表示されてる棋譜は、事務局の判定局です。日時は事務局が判定を行った日時です。

8.「自戦譜」に「未決局」が表示されてない場合は、「情報ボックス」の「自戦譜の修正」を行って下さい。

戻る